セレッソ大阪のキャラクターデザインについて

illust1

これはなんでしょうか。可愛いでしょう。実はそれはセレッソ大阪のキャラクター設計です。狐?狼?どち?

実は、初めて、それを見て、狐ですねと思って、色々な資料を調べて、わわ、、なるほど、それはオオカミですね。そして、彼はセレッソ大阪のチームキャラクターですね。男でしょうか、それともの女でしょうか。やや、、、男で彼女もありますよ。

illust2

美人ですね。セックスな知性女性だと思っていますよ。メガネを着て、ピンクなスーツを着て、何度も見て、好きです。

どうして、セレッソ大阪はこのようなキャラクターを選んでいましたか。

オオカミは知性と俊敏性、さらにグループで狩りを行うという団結力をもった動物です。キャラクターの名前はスペイン語で「ノブレ・バリエンテ・アッチェ・ロビート・デ・セレッソ」です。高貴で勇敢な、由緒あるセレッソ家の”オオカミの息子”という意味があります。愛称はロビーです。

息子とセレッソ大阪を熱く、ときに厳しく、サポートするロビーの母(おかん)。 名前はスペイン語で「エレガンテ・エスプレンディーダ・マダマ・ロビーナ・デ・セレッソ」。 優雅で華麗な、由緒あるセレッソ家の“オオカミの令夫人”という意味です。 愛称はマダム・ロビーナです。

えええ、、彼女ではなく、母でしょうか?それにちょっと疑っていますね。

キャラクターは勇気や、自信や、優雅な気持ちを表現しています。一緒にセレッソ大阪を応援しましょう。

セレッソ大阪ユニフォームが持ちたいなら、以下のリンクをクリックしてください!

セレッソ大阪2017ユニフォーム

セレッソ大阪 チームエンブレムを紹介する

embrem

セレッソ大阪(せれっそおおさか、Cerezo Osaka)は、日本の大阪府大阪市、堺市をホームタウンとする[1]、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。

セレッソ大阪を聞きて、すぐ思い出すのは桜です。そのチームのセレッソとはスペイン語で桜という意味です。その以外の理由もありますよ。それはセレッソ大阪 ユニフォームのカラーです。いつもピンク色を採用して、それは桜のカラーでしょう。

実は、セレッソ大阪の名前はもっとの精神を含んでいます。セレッソ大阪は常に世界を見すえ、世界で聞こえる選手を育てます。

セレッソ(CEREZO)=スペイン語で「桜」。桜は大阪の“市花”であり、また、日本を代表する花でもあります。
地域に根ざし、ここ大阪から日本を代表するクラブへ、世界で満開の夢を咲かせるクラブへ。
サポーターとともにどこまでも成長していく。その思いをクラブ名に込めました。

チーム名前に対して、チームエンブレムを綺麗にデザインしました。全体見て、桜みたいです。「桜」、水都の大阪の川をイメージしたストライプ、チームキャラクターの「おおかみ」を横に入れて、クラブ、地域、サッカーの三位一体を表現します。中央に王者の象徴している王冠を付けて、それはチームが自信を現しています。

セレッソ大阪のチームエンブレムを見て、そのチームの元気も感じできます。桜のように開いています。世界の一番チームを目指して、頑張ってください。