J1へ復帰のセレッソ大阪 2017シーズン ユニフォーム

sereso

2014シーズンにまさかのJ2降格を喫したセレッソ大阪が、再びJ1の舞台へ戻ってくいました。

1年でのJ1復帰を目指した2015シーズン、チームはプレーオフでアビスパ福岡の前に屈しました。大熊清体制2年目、柿谷曜一朗や杉本健勇が復帰し“背水の陣”で臨んだ2016シーズンも4位でのプレーオフ行きを余儀なくされたが、最後の最後で勝負強さを発揮します。J1への最後の切符を掴んでいました。

これはセレッソ大阪ファンたちにとっても嬉しいことです。新シーズンのユニフォームは1月1日発表されてから、ファンたちもとても気に入れましたよ。

ユニフォームの胸前のスポンサーは「Yanmar」で、サプライヤーは前モデルと同じく「Puma」です。

セレッソ大阪2017ユニフォームは伝統的なピンク基調をドットで書かれたプーマの「アパレルフォームストライプ」を肩から袖に付け、胸から下に「サポーターとともに目指す勝利」を表現した12本のV型の水平ストライプを採用した。アウェイは白基調でピンストライプ柄。ゴールキーパーはホームの色違いで黒と緑となっています。

胸に「ヤンマー」、背中に「日本ハム」、背中裾に「シンハーコーポレーション」、袖には「大日本除虫菊」、パンツに「サンユー都市開発」のロゴをプリントしています。

このユニフォームが欲しいなら、以下のリンクを押してください。

セレッソ大阪 チームエンブレムを紹介する

embrem

セレッソ大阪(せれっそおおさか、Cerezo Osaka)は、日本の大阪府大阪市、堺市をホームタウンとする[1]、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。

セレッソ大阪を聞きて、すぐ思い出すのは桜です。そのチームのセレッソとはスペイン語で桜という意味です。その以外の理由もありますよ。それはセレッソ大阪 ユニフォームのカラーです。いつもピンク色を採用して、それは桜のカラーでしょう。

実は、セレッソ大阪の名前はもっとの精神を含んでいます。セレッソ大阪は常に世界を見すえ、世界で聞こえる選手を育てます。

セレッソ(CEREZO)=スペイン語で「桜」。桜は大阪の“市花”であり、また、日本を代表する花でもあります。
地域に根ざし、ここ大阪から日本を代表するクラブへ、世界で満開の夢を咲かせるクラブへ。
サポーターとともにどこまでも成長していく。その思いをクラブ名に込めました。

チーム名前に対して、チームエンブレムを綺麗にデザインしました。全体見て、桜みたいです。「桜」、水都の大阪の川をイメージしたストライプ、チームキャラクターの「おおかみ」を横に入れて、クラブ、地域、サッカーの三位一体を表現します。中央に王者の象徴している王冠を付けて、それはチームが自信を現しています。

セレッソ大阪のチームエンブレムを見て、そのチームの元気も感じできます。桜のように開いています。世界の一番チームを目指して、頑張ってください。